株主優待を目的に株式を購入する

株主になると企業から送られてくるプレゼント、それが株主優待です。
株主優待を実施している企業は、株主優待を実施していなかった時期に比べ株主優待を実施後を比べてみると多くの場合株主数が増加するということは様々な資料を見ると読み取ることができます。
株主優待には実にさまざまな種類があります。
クオカードをプレゼントする企業もあれば、水、お米、お米券、金券、食事券、買い物券、本当にいろいろあります。
株主優待には企業、株主双方にメリットがあります。
企業にとっては自社企業商品であれば原価は安くて済みますし、株主優待を目的に株主になるとあんまり株を手放さないので、株価維持につながります。

基本的に株主優待が充実している銘柄というのは配当の利回りや優待利回りといったものも優遇されていることが多いのでこれらも選ぶときの基準として覚えておきたいところです。
出典:株主優待生活は実現可能?株主優待生活のコツとは/株主優待おすすめランキング

昨今はアベノミクスに伴う株価上昇に伴い世間一般でも投資ブームが起こっています。
このような状況での株式投資の傾向としては、株主優待を実施している株式に個人はお金を投資しているという傾向が見え隠れしています。
株主優待を実施している企業を投資対象とする株式投資初心者は、企業の財務諸表や決算書を分析して株式を購入するのではなく、誰の目にも分かりやすい株主優待といったものを株式投資の判断材料の中心にしています。
今実施している株主優待内容を変更して現在よりも悪い株主優待内容であったり、もしくは株主優待の廃止を行なうと株式を保有していた個人投資家はその株式を売ってしまう傾向があります。

しかし、株主優待を改悪した企業の株価がその後下落基調になるというデータはないので、株主優待を改悪した企業の株式はすぐに売った方がいいとは明確には言える根拠がありません。
このように偉そうに書いていますが、実は最近私も株主優待に興味を持って株式投資を始めたのです。

ちょっとの出費で大きな利益を得ることができます。
株主の方を見てみると、配当金には税金が課税されてしまいますので、2割ほどはマイナスになってしまい気分のいいものではありません。
しかし株主優待には税金はかからないので、非常にお得です。クオカードとかだと額面上の金額がコンビニ等で使用できますので、株主はうれしいものです。
そんな双方ウィンウィンの株主優待ですが、世界広しといえど日本でしかやっていないみたいですよ。

2016年から年間120万円までの投資に対しての利益に税金がかからなくなるNISA(ニーサ)。
金利氷河期時代を迎え、銀行で預金しても利息が僅かしかつかないので、ニーサを利用して株式投資を始めた方もいるのではないでしょうか。
「いきなり何十万もする銘柄に投資するのは怖い」と思う方は、まずは小額で買える株から投資を始めて肩慣らしするのも手かと思います。

そこで私が検討中の銘柄が、ジャスダック市場に上場している「極楽湯」です。
極楽湯はスーパー銭湯を全国に展開している企業で、店舗数は直営店、FC店、海外店を含めると約40店舗ほどあり、スーパー銭湯業界では店舗数トップを誇ります。
現時点の株価は600円、この株は100株単位から売買可能なので、6万円あれば購入できます。
しかも、この株は1年以上保有すると嬉しい株主優待があります。
その内容は、自社施設で利用できる無料入浴券です。
また取得株数や保有期間により、もらえる枚数が変わります。
温泉好きで施設をよく利用する方には良い銘柄かと思います。

この企業は中国での店舗出店も進んでいるようですし、積極的に事業を展開しているように思えます。
中国での事業が軌道に乗れば、今後さらに海外進出していく可能性もあるので、長期的に見ても成長株だと考えます。
配当金ももらえるようですし、株価が下がってきたら狙っていきたいと思っています。
また施設を利用しない方は、優待券を金券ショップで買い取ってもらえば現金化することもできますよ。


貯蓄から株式投資へ、株式投資で商品を貰おう

みなさんは株主優待というのを知っていますか?
株式投資は、気に入った株を購入することで株主となり長く持つとお礼に商品や商品券、割引券などをくれるところがあります。

マクドナルドみたいなところはハンバーガーがついていたりするのもあり持っているとずいぶんお得です。

これは株主優待券とも言われ株式投資としては人気のある分野です。いまは株主優待がとても人気です。

しかし株を売ったり買ったりする取引とは違っており利益を考えない人には良いですね。
有名な人の桐谷さんがそのようなことをしておりよくテレビなどで話題になっています。
多くの株を保有しており商品券や割引券は使いきれないので自転車で阿智頃移動する充実した生活を送っています。

もちろん株式投資で安く買い高く売るのが基本ですがこのような取引方法もあるのを知っておくとよいのではないでしょうか。

人によっては嫌うかもしれませんが、初めから株に慣れるには株主優待はいいですし何よりも商品などが家に来るとうれしいものだと思いますし勉強になるのではないでしょうか。

でも、最近の悩みは優待の情報が直前になりすぎていて、買うときに優待目当ての人が多くすでに高値になっているということ。
そういうのを狙って儲ける方向にいかないといけないのですが、思うとおりに投資ができていません。

それと、今はちょうど季節柄1月優待が紹介されているのですが、もう買うのには遅いかなぁって思ったりもしています。
1月優待は外して、2月優待に行くのがいいのか、少額のものをひとまず購入してみるのがいいのか。

あれこれ考えてしまうところです。
1月は優待銘柄が少ないので、注目されるものも少ないんですよね。
だからみんな買ってしまうような気もしちゃいます。
少し怖いですが、日経平均は少し下がっているので、上手く購入できたらいいかなと思います。

しかし、まだまだ日本は欧米に比べて投資には抵抗が有るようです。
金融資産は圧倒的に貯蓄もしくは現金で持たれている方が多いです。
しかし安倍総理に首相が代わってアベノミックス政策を掲げて、経済活性化政策、金融政策、雇用政策等を行い、日経平均株価も
8000円台から20000円台へと大きく上げています。

また対ドルに対する為替も円安基調です。
私も投資には抵抗があり貯蓄型でありましたが、会社の同僚や先輩が始めた事を期に株式投資を始めています。
私は数有る投資の中でも株式投資は個人的に難しい投資だと思います。
しかし経済の勉強になりますし、ニュースや四季報を見る様になります。
最初は証券会社の進めてくれる株を少しずつNISAで購入し、アベノミックスのお陰で利益を得る事が出来、徐々に自分がこの会社は業績が良いな、将来性があるなと思える会社の株を購入しています。
ただ株式投資は上がる事も有れば下がる事も有ります。
株は自己責任で行うものです。下がって損をしても自己責任です。注意して下さい。


株式投資のメリット、デメリット

株式投資というと、損をする可能性があるので罪悪視する人もいますが、株式投資の資金は株式会社の生育の肥料となる性質のもので、社会に役立っているといえます。
出来れば優良株で、長期の保持を心がけていれば、株主勇退や配当などで株主にメリットがあります。
また、長期の目で見ると株の価値も上がっていることが多いです。

広告などで、株式投資で年収何千万円だの、給料以上の副収入が得られるだの、簡単に利益が出るような記事が載っていますが、それに乗ってしまうと、利益より損害を広げてしまうことが往々にしてあります。
業者は我が利益を得るため刺激的な記事で顧客を獲得しようとしますが、こういった業者に限って顧客のことはおざなりで、自分だけ儲ければよいとの精神なので、こういった業者に引っかからないようにしたいものです。
自分の判断で損をしても納得できますが、業者にだまされて損をすると精神的にも打撃を受けてしまいます。
優良な業者を探すのは難しいですが、今ではネットがあるので、まず業者の内容(ホームページでは自我自賛していることが多いです)を分析することからはじめてください。
特に、不特定多数の顧客に「必ず儲けさせます」と謳っているような業者は要注意です。
どんな必勝法があるのか分かりませんが、実際にあるのなら、業者の方は他人に教えず自分のところだけで利益を独占できるはずと考えてください。


私の勝つための株式投資手法について

私の勝つための株式投資手法についてお話ししたいと思います。
一言で言ってしまえば、リスクを局限する事です。
ちょっとでも下落する余地があるならまず買いません。
それがゆえにそれからどんどん伸びていく株についても、「あの頃買えばよかった、いっそ今買ってしまおうか」とも思いますが、絶対買いません。
一度買い時を逃した株についてはきっぱりあきらめることにしています。

買うのはどんどん値下がりしていて下がりに下がりきったk部をまずチャートから見つけます。
それからその会社の財務をチェックします。
財務がいい、商売がうまくいっているならいつかは配当がアップしたり、株価が上がっていくものです。
時間はかかるかもしれませんが。

要は今の株価が適正ではなく、会社の将来的な価値に対して株価が低い、お買い得な株を選んで買う、というスタンスになります。
財務の見方や会社の将来性の予測等も必要な能力になってきます。
私の投資対象として対照的なのがマクドナルドです。
財務は最悪で将来的な展望もありませんが、株主優待と知名度のおかげか株価だけは伸びています。
そういう会社には絶対投資しません。


株式投資で注意しなければならないこと

株式投資には注意しなければならないことがたくさんあります。
もちろん法律で決まっていることもありますが、こちらではより身近な注意すべきことをあげたいと思います。
株式市場では少ない金額で買える株もありますが、買える単元株数が決まっているため、数万、数十万単位で売買を行なうことになります。(もちろん、もっと多い金額で投資を行なっている人はたくさんいます)

この場合、株価が1円動くだけで数千円、数万円が動くことになります。
初めはたった数分で1日分の日給と同額が儲かったり損したりということに興奮しますが、慣れてくると少しの値動きがあまり気にならなくなります。
一方、株とは関係ない普段の生活の中ではスーパーの特売で10円の値段差を気にしたり、銀行の手数料を気にして平日の時間内にATMに駆け込んだりするのです。
このようなことを続けていると金銭感覚がおかしくなり、自分は何をやってるんだろうという気分になります。