貯蓄から株式投資へ、株式投資で商品を貰おう

みなさんは株主優待というのを知っていますか?
株式投資は、気に入った株を購入することで株主となり長く持つとお礼に商品や商品券、割引券などをくれるところがあります。

マクドナルドみたいなところはハンバーガーがついていたりするのもあり持っているとずいぶんお得です。

これは株主優待券とも言われ株式投資としては人気のある分野です。いまは株主優待がとても人気です。

しかし株を売ったり買ったりする取引とは違っており利益を考えない人には良いですね。
有名な人の桐谷さんがそのようなことをしておりよくテレビなどで話題になっています。
多くの株を保有しており商品券や割引券は使いきれないので自転車で阿智頃移動する充実した生活を送っています。

もちろん株式投資で安く買い高く売るのが基本ですがこのような取引方法もあるのを知っておくとよいのではないでしょうか。

人によっては嫌うかもしれませんが、初めから株に慣れるには株主優待はいいですし何よりも商品などが家に来るとうれしいものだと思いますし勉強になるのではないでしょうか。

でも、最近の悩みは優待の情報が直前になりすぎていて、買うときに優待目当ての人が多くすでに高値になっているということ。
そういうのを狙って儲ける方向にいかないといけないのですが、思うとおりに投資ができていません。

それと、今はちょうど季節柄1月優待が紹介されているのですが、もう買うのには遅いかなぁって思ったりもしています。
1月優待は外して、2月優待に行くのがいいのか、少額のものをひとまず購入してみるのがいいのか。

あれこれ考えてしまうところです。
1月は優待銘柄が少ないので、注目されるものも少ないんですよね。
だからみんな買ってしまうような気もしちゃいます。
少し怖いですが、日経平均は少し下がっているので、上手く購入できたらいいかなと思います。

しかし、まだまだ日本は欧米に比べて投資には抵抗が有るようです。
金融資産は圧倒的に貯蓄もしくは現金で持たれている方が多いです。
しかし安倍総理に首相が代わってアベノミックス政策を掲げて、経済活性化政策、金融政策、雇用政策等を行い、日経平均株価も
8000円台から20000円台へと大きく上げています。

また対ドルに対する為替も円安基調です。
私も投資には抵抗があり貯蓄型でありましたが、会社の同僚や先輩が始めた事を期に株式投資を始めています。
私は数有る投資の中でも株式投資は個人的に難しい投資だと思います。
しかし経済の勉強になりますし、ニュースや四季報を見る様になります。
最初は証券会社の進めてくれる株を少しずつNISAで購入し、アベノミックスのお陰で利益を得る事が出来、徐々に自分がこの会社は業績が良いな、将来性があるなと思える会社の株を購入しています。
ただ株式投資は上がる事も有れば下がる事も有ります。
株は自己責任で行うものです。下がって損をしても自己責任です。注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です